車や車・バイク・機械を知るリンク

ステーションワゴン

ステーションワゴンとは、セダンの後部座席とトランクルームを仕切らずに居住空間と一体化させ、トランクルームを屋根まで大きく拡大した車を指します。大きく広い荷室により、セダンでは収容できない荷物も運べるなど、使い勝手に優れている点が大きな特長です。
同形状の「バン」との違いは、バンが荷物の運搬を主として設計されているのに対し、ステーションワゴンは人間の移動を主として設計されていることにあります。
日本では、バンに快適装備などを充実させた上級グレードを「ワゴン」と呼ぶことが多くありましたが、ステーションワゴン専用設計として登場したスバル・レガシィのヒット以来、商用車(バン)と乗用車(ステーションワゴン)は、メーカーにとってもユーザーにとっても、全く別のジャンルとなっています。

ステーションワゴンは、直訳すると「駅馬車」というだけあり、人も荷物も運ぶ実用性の高い車です。以前は、その実用性重視でしたが、よりスポーティな形が増えて、実用性だけではなく、デザイン性でも人気があります。

注目の車について、このWEBサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017車の種類大百科サイト.All rights reserved.